レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社TECH BLOG

【Nutanix AHV】Nutanix Moveデプロイ

初めに

インフラ技術部のIです。

今回はNutanix AHVへの仮想マシンを移行させる際に使用するNutanix Moveのデプロイと初期設定を行います。

Nutanix関連記事

Nutanixに関する記事は以下にまとめていますので、是非ご覧ください!

Broadcom社によるVMware社の買収にどう対応するか‼
Nutanix AHVとは
Nutanix AHVの機能について
Nutanix AHVの機能(ストレージ関連)について
Nutanix AHVへの移行について
【Nutanix AHV】Nutanix AHV構築してみた!
【Nutanix AHV】Prism Elementとは?Prism Centralとは?
【Nutanix AHV】PrismCentral導入してみた
【Nutanix AHV】Nutanix Moveデプロイ

環境

構成図

Nutanix AHV上へNutanix Moveをデプロイします。
MoveはNutanixクラスター上へのデプロイが推奨されています。
※ソース(ESXi)とターゲット(AHV)間の遅延が200ミリ秒以上の場合はESXi上へのデプロイが推奨されています。

Movedeploy4.png

バージョン

今回検証で使用するバージョンは以下となります。

製品 バージョン
Nutanix CE 2.0
AHV hypervisor el7.nutanix.20220304.342
AOS 6.5.2
Move 5.2.0

要件

Nutanix MoveをAHV上で作成する場合の最小システム要件を以下に記載いたします。

設定項目 設定値
vCPU for each Core 2
Number of Cores 2
Memory 8
Storage(GiB) 50

構築

Nutanix Moveデプロイは以下の流れで行います。

  1. Moveダウンロード
  2. Moveディスクイメージアップロード
  3. 仮想マシンデプロイ
  4. Move初期設定

1.Moveダウンロード

Nutanix公式サイトより、Nutanix Moveのディスクイメージをダウンロードします。
Moveを構築する環境(AHV/ESXi)ごとにファイルが異なりますので、確認した上でダウンロードしてください。

Nutanix Support Portal

上記URLよりサポートポータルへログイン後、[Latest]項目を選択すると最新バージョン、
[Other Virtons]を選択すると過去のバージョンをダウンロードすることが可能です。
基本的には最新バージョンを使用して頂いて問題ございません。

2024/6/10時点ではNutanix Move5.3.0が最新バージョンとなっています。

g41.jpg

2.Moveディスクイメージアップロード

Nutanix MoveのディスクイメージをPrism Elementからアップロードします。

Movedeploy2.png

アップロードはPrism Elementログイン後、[設定]→[イメージ設定]よりアップロードします。

g8

3.仮想マシンデプロイ

Prism Elementへのアップロードが完了したら、次は仮想マシンデプロイを行います。

Movedeploy3.png


仮想マシンに付与するディスクはアップロードしたMoveのディスクを使用します。

ss003 - REQ_CL - Prism Element - Google Chrome.png

Disksに初期で付与されている"CD-ROM"については不要ですので削除してください。

t14

また、NICについては環境に合わせて対象の仮想ネットワークを付与してください。

4.Move初期設定

仮想マシン作成が完了したらMoveの電源をONにします。
電源投入後しばらくすると、ネットワーク設定画面が表示されるので以下の項目を設定します。
(IP - Staticの場合)

設定項目 設定内容
Static IPv4 Address IPアドレス
Netmask サブネットマスク
Gateway ゲートウェイアドレス
DNS Server 1,2 DNSサーバー(2個)
Domain ドメイン名

以下の文言が表示されれば設定完了となります。

Static IPv4 configuration completed successfully

Webブラウザを起動してMoveへ設定したIPアドレスを入力してMove(Web UI)へ接続し、以下を設定します。
・ライセンス同意

t15

・ユーザー"nutanix"の新パスワード設定

ss021 - Move - Google Chrome.png

上記で初期設定は完了となります。ログイン後、以下の画面が表示されます。

t17

最後に

今回はNutanix社が提供しているNutanix Moveのデプロイを行いました。
Nutanix MoveはNutanix公式から無償で提供されている仮想アプライアンスのため、OSの設計や構築が必要なく簡単にデプロイすることができます。
このことから、他の移行ソフトウェアでは必要だったOS設計や構築の工数を大幅に削減することができるため、
導入の容易さという観点からもMoveを導入するメリットの1つと考えられます。

次回のNutanixに関する技術ブログでは構築したNutanix Moveを使用してVMware ESXiからNutanix AHVへ仮想マシンの移行を行う予定です!
是非次回の記事もご覧ください!

この記事をシェアする

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • Line
  • Hatena
  • Linkedin

資料請求・お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る