レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社TECH BLOG

Nutanix AHVへの移行について

初めに

みなさん、こんにちは!
インフラ技術部のYです。

先日のブログでは「Nutanix AHVの機能(ストレージ関連)について」を紹介しました。
今回はNutanix AHVへの移行パターンや方法について紹介したいと思います。

移行元の環境と移行方法について

移行元の環境としては、大きく以下の3パターンがあります。
ここでは、それぞれの移行方法について紹介します。

移行元 移行方法 移行内容
物理環境 サードパーティ製品 VeeamやArcserveを使った物理マシンのイメージバックアップ/リストアでの移行
仮想ディスク
変換ツール
VMware vCetner ConverterやMicrosoft DISK2VHDで一度仮想ディスクファイル(vmdk/vhd)へ変換後、Nutanixのイメージサービスに登録(自動的にAHVへ変換)して移行
ファイル移行 AHVへ新規仮想マシンを作成し、アプリケーション関連ファイルを移行
仮想環境(Esxi/Hyper-v) Nutanix Move スナップショットによる差分レプリケーションからAHVへの切り替えを全自動で実行
仮想ディスクのExport/Inport 移行元/移行先間でネットワークの疎通がない場合は、仮想ディスクファイル(vmdk/vhd)をNutanixのイメージサービスに登録(自動的にAHVへ変換)して移行
サードパーティ製品 移行元ハイパーバイザーとAHVをサポートするVeeamやArcserveを使ったバックアップ/リストアでの移行
パブリッククラウド(AWS EC2/Azure) Nutanix Move スナップショットによる差分レプリケーションからAHVへの切り替えを全自動で実行
仮想ディスクの
Export/Inport
オブジェクトストレージ(AmazonS3/Azure BLOB)を経由し、仮想ディスクファイル(vmdk/vhd)をNutanixのイメージサービスに登録(自動的にAHVへ変換)して移行

Nutanix AHVへの移行ポイント

移行ポイントの注意点としては、大きく以下の3つとなります。

  • AHV側のOSサポート対応状況の確認
    OSベンダーのサポートが終了したものは、AHVでも非サポートまたは限定的なサポート

  • Nutanix VirtIOドライバー for Windowsのインストール
    WindowsのみAHV用の仮想ディスクや仮想NIC利用時に、専用ドライバが必要
    ※Linuxは標準で搭載されているため不要
    ※Nutanix Moveを使った移行の場合は、自動でインストール

  • 移行によるシステムのダウンタイム
    移行期間中は、サービスやサーバ自体の停止が伴う

    ahv-downtime.jpg

Nutanix Moveでの移行の流れ(Esxi→Nutanix AHV)

Nutanix Moveは、Nutanixが提供する無償の移行ツールとなります。
ここでは、Moveでの移行の流れについて紹介します。

①Move-VMの展開(AHVまたはEsxi上)
②WebブラウザでMoveへアクセス
③移行元/移行先を登録
④移行プランの作成
⑤移行プランの実行
⑥スナップショットの取得
⑦スナップショットの差分転送(※初回転送後は10分毎に差分同期)
⑧カットオーバー
 移行元VMのシャットダウン→最終差分同期→移行先VM起動
 ※ダウンタイムを最小限に抑えて移行することが可能

    ahv-move.jpg


    ※移行VMがWindowsの場合、VirtIOドライバも移行時に自動でインストールします。
     また、VMwareToolsも自動でアンインストールします。

    最後に

    今回は、Nutanix AHVへの移行方法について紹介させていただきました。

    どの移行方法も、基本的に以下を実施する必要があります。

    • VirtIOドライバーのインストール
    • VMwareToolsのアンインストール
    • データの移動
    • ファイル形式の変換
    • 仮想マシン作成
    • 仮想マシン起動
    • 移行元のIPやMACアドレスの引き継ぎ

    Nutanix Moveでは、上記を自動化して実施するため、移行にかかる手間が極端に少なくなります。
    そのため、物理環境以外であればよほどの理由がない限り、移行方法はMove一択となると思います。

      ここまでは、主にNutanix AHVの紹介をメインにお伝えしてきました。
      次回以降は、実機での検証を元にした内容をお伝えしていこうと思います。

      Nutanixについてご質問等ありましたら、是非お問い合わせください!

      この記事をシェアする

      • Facebook
      • X
      • Pocket
      • Line
      • Hatena
      • Linkedin

      資料請求・お問い合わせはこちら

      ページトップへ戻る