「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティングJapanese | English

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社

技術ブログ

~技術ブログ ~

Oracle RAC(Real Application Clusters)とは?

こんにちは、Re:Q 関根です。

ここからはOracle RAC(Real Application Clusters)の基本的な概念について述べていきたいと思います。
RAC」の読み方は普通に「ラック」です。

その前に、通常のデータベースはこんな感じでしたね。

Single Database

そして、RAC(2ノード)はこんな感じです。

2node RAC Database

1つのデータベースに対して2つのインスタンスが同時に読み書きを行っています。
これが、RAC(Real Application Clusters)というやつです。

物理的に(真面目に)書くとこんな感じです。

2node RAC Database

片方のサーバ、インスタンスがダウンしても、もう一方で処理が継続できるというのがウリです。

ちなみに2ノード以上の構成も可能です。

【4ノード】

4node RAC Database

【8ノード】

8node RAC Database

【128ノード】

128node RAC Database

さてさて、2ノードのインスタンス君逹をよーく見てみると、あるものに気付きました。
何やら糸電話のようなものを使っています。

2node Cache Fusion

密かに会話を聞いてみましょう。

インスタンス君①「ここは俺が書きこむからちょっと待っとけよ」
インスタンス君②「早くしてくださいよー、スケジュール詰まってんすよー、待機イベント出ちゃいますよー、怒られるんすからー」
インスタンス君①「うるせーなー、ディスクの奴が遅くて俺も待ってんの!」

・・・

何やらただならぬ雰囲気ですね。

どうやらインスタンス君同士は糸電話を通していつも話し合っているようです(Cache Fusion)。

 

 

まとめるとこんな感じです。

 

RAC Database

まとめないとこんな感じです。

RAC Database

続く。

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2021年5月
« 2月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
採用に関するお問い合わせはこちら