「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティングJapanese | English

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社

技術ブログ

~技術ブログ ~

Oracle MEMORY_TARGETの話

親分からクレームが入りました。

「俺は常に進化している。SGAだのPGAだの分ける方が下衆なのだ。」

と。

「私にはMEMORY_TARGETさえ与えてくれればいいのだ」、と。

うーん、何やら頭の中に「11g」(一般には"イレブンジー"と読みます)の文字が。。

memory_target

 

MEMORY_TARGETを与えてくれれば、あとは勝手に、こんなふうに

memory_target sga

あるいはこんなふうに

memory_target pga

MEMORY_TARGETの範囲内で勝手にSGAPGAをいじるから放っとけ、と。

もやはお前等にSGAPGAの値をいちいち指図されるつもりはない、と。

ああそうですか。

勝手にSGAPGAを動かしてトラブった例を知ってますけど・・・

SGAをいきなり減らしたら頭の中の記憶(キャッシュ)が一気に飛んで、レスポンス悪化を引き起こしたことがあるでしょうが・・・
いや、いいですけどね、別に。
設定するのは楽だから。

まとめ。

 
Oracle Database Version 11g 以降はSGAPGAの値を個別に設定する必要はない。
MEMORY_TARGETを設定すればOracleが勝手に割り振りを決めてくれる。
※ただし、問題を引き起こすこともあるよ。

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2021年5月
« 2月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
採用に関するお問い合わせはこちら