「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティングJapanese | English

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社

技術ブログ

~ながら読みで基礎力アップ!シリーズ ~

REDOログファイル(アーカイブログファイル)

こんにちは。エンジニアの加戸です。

今回はREDOログファイル(アーカイブログファイル)についてお話しします。

Oracleのファイルと起動ファイルの図

 

REDOログファイルとは?

 
REDOログファイルはデータベースの変更が発生したときにその変更が格納されるファイルで、データファイルに対する変更が記録されます。
REDOログファイルは障害時のリカバリに使用されます。

流れとしてはまず変更情報がSGA内のREDO ログ・バッファに書き込まれ、その後LGWR(ログライター)プロセスによってREDOログファイルに書き込まれます。

 

REDOログファイルその1

REDOロググループ

 
REDOログファイルの構成についても話しておきましょう。構成としてまず重要なものがREDOログファイルは循環して使用されるということ、そしてそのためにREDOロググループは2つ以上必要になることです。LGWRはひとつしかいないので、同時に複数のグループのREDOログファイルに書き込みはできません。

例えば、グループが2つあり、一方のグループにはREDOログファイル-1 が、もう一方のグループにはREDOログファイル-2 があるとしましょう。
LGWRが書き込んでいるのがREDOログファイル-1 とするとそのREODOログファイルのことを「カレント(現行)のREDOログファイル」といい、REDOログファイル-2 はREDOログファイル-1 がいっぱいになりこれ以上書き込めなくなったときに切り替わり、新たなカレントのREDOログファイルとして使用されます。

そして、REDOログファイル-2 もいっぱいになるとREDOログファイル-1 に切り替わりまたカレントのREDOログファイルとして使用され始めます。カレントのREDOログファイルが切り替わることを「ログスイッチ」といいます。

 

REDOログファイルその3

アーカイブログファイル

 
先ほどの説明ではカレントのREDOログファイルが
REDOログファイル-1 → REDOログファイル-2 →REDOログファイル-1
と切り替わっていくお話をしましたが、「REDOログファイル-1 はそもそも書き込む余裕はないはずでは?」と疑問を持たれた方もいるかと思います。

その通りです、これ以上追記する余裕はありません。なので、上書きすることで情報を書き込んでいきます。そうするとREDOログファイル-1 に書き込まれていた情報は新たな情報により上書きされ消えてしまうことになります。

リカバリをする上ではREDOログファイルの古い情報も必要になることも多いので、古い情報も残しておかなければなりません。そこで登場するのがアーカイブログファイルです。

アーカイブログファイルは「上書きされる前のREDOログファイルのコピー」で、コピーを行うのはARCn(アーカイバ)プロセスです。REDOログファイルをコピーすることを「REDOログファイルをアーカイブする」といいますが、ARCn の主な仕事がこれに当たります。ちなみに、ARCn の小文字のn はこのプロセスが複数個起動できることを意味しています。

 

REDOログファイルその4

 

REDOログファイルの多重化

 
今までの説明では説明を簡単にするため、REDOロググループに1つのREDOログファイルしかありませんでしたが、通常は1つのグループにはREDOログファイルが2つ以上あります。それによりREDOログファイルの多重化ができて、障害時にインスタンスが停止するリスクを回避できます。同じグループ内の各REDOログファイルを「メンバー」といいます。

メンバーはそれぞれ別ディスクに配置されており、ディスク障害でグループ内のメンバーの1つが利用できなくなったとしても正常なメンバーがあればインスタンスは停止せずにすみます。また、LGWRは同じグループ内のREDOログファイルには同時に書き込みを行えますので、グループ内ではREDOログファイルは同じ情報を所持しています。

下の図はグループ2、メンバー2のREDOログファイルの構成です。

 

REDOログファイルその5

 

 

まとめ

 
REDOログファイル(アーカイブログファイル)について説明してきました。

・REDOログファイルはデータファイルに対する変更が記録され、障害時のリカバリに使用される。

・REDOロググループは2つ以上で、カレントのREDOログファイルが切り替わることを
「ログスイッチ」という。

・アーカイブログファイルは「上書きされる前のREDOログファイルのコピー」

・REDOログファイルの多重化

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2021年5月
« 2月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
採用に関するお問い合わせはこちら