「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティングJapanese | English

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社

技術ブログ

~技術ブログ ~

Top Award 2013 ~Hawaii Part2~

こんにちは。Re:Q宮坂です。
Hawaii Part1でカメハメハ大王の前でポーズを取っていたのは何を隠そうわたくしです。

前回に引き続きTop Awardの様子を紹介いたします!!

到着日の夕食は全員揃って「シェラトン・ワイキキ・ホテル」内の「カイ・マーケット」で頂きました。Part1で紹介したように渋滞に巻き込まれた私たちは、集合時間に滑り込みギリギリアウトで到着し海沿いのテラス席へ。

DSC00833

みんな時差ボケもなく、サンセットを眺めながらハワイのグルメを満喫。
ビュッフェ形式なので食べる量を調整出来たので問題ありませんでしたが、
それでも一つ一つがいちいち大きかったです・・・。

さて、空いた時間を利用して自分は「天国の海ツアー」というオプショナルツアーに参加しました!

~~~~~~~~~~~~~天国の海とは???~~~~~~~~~~~~~~
ワイキキから北に車で40分ほどの位置にあるカネオヘ湾に広がるサンドバーを
観光客にわかりやすいようにつけられた名称のようです。

約1億年前に噴火口が地震で隆起し、その後長い年月をかけて潮の満ち引きや
風の影響で砂が堆積して、真っ白の美しいサンゴの砂浜を形成しています。

日本の雑誌やCMでも使われている絶景スポットです!!
~~~~~~~~~~~~~天国の海とは???~~~~~~~~~~~~~~

三上氏ほどではないにしても、これから写真を極めていきたいと思っている自分にとっては外せないスポット&6人揃うと+100ドルほどで貸切のクルーザーで行けるとのことで、参加を即決しました。

当日はワイキキを出た時は晴れていたものの、
現地に到着すると雨が降ったり止んだりでベストコンディションとは言えない状況・・・。
晴れてくることを期待して、サンドバーに向かいます。

まずは港からクルーザーで・・・
DSC00838

近づいたらクルーザーでは行けないので、膝まで海につかりながら歩いて向かいます。
DSC00839

サンドバーからは360度ハワイの砂浜、海、山の絶景!!
DSC00864DSC00847
天気が良かったらもっと抜けたように真っ白な砂浜になるようなので、
それは次回行った時の楽しみにします・・・(あるのか!?)。

サンドバーを歩いた後はシュノーケリングで珊瑚ウォッチング。
・・・そういえば、自分は泳げなかったのですが、ライフジャケットとシュノーケルの力を借りてなんとかみなさんについて行きました。途中ではウミガメにも遭遇しましたよ!!見ると幸運が訪れるとのことなので、きっとRe:Qもこの先どんどん大きくなっていけることでしょう。

最後は珊瑚の近くを通りながら港に戻ります。
貸切クルーザーで小回りが利いたので、こんな近くまで珊瑚によって写真を撮ることが出来ました。
DSC00887

もし今後このツアーに参加される機会があり、人数と予算の都合がつくのでしたら是非クルーザー貸切のプランをオススメします!!可能な限り要望を聞いてくれたりするので、より楽しめますよ。

大満足なオプショナルツアーでした!

ちなみに、カネオヘ湾のサンドバーは別にツアーでなければ行けないわけではありません。
船舶免許とクルーザーがあれば自分で行くことも可能みたいです(場所に制限はあるそうですが)。
何回も行きたい!!ツアーの短い時間じゃ満足できない!!という方は自分ですべて揃えてみてはいかがでしょうか!?いくらかかるかわかりませんが・・・。

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2021年5月
« 2月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
採用に関するお問い合わせはこちら