「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティングJapanese | English

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社

技術ブログ

~技術ブログ ~

Top Award 2014 ~Australia – Gold Coast Part2~

こんにちは。Re:Qの神(ジン)です。
 
今回初参加ということもあり、私は目いっぱいツアーを詰め込んで合計3つのツアーに参加しました!!!それぞれのツアーの様子をお伝えしたいと思います。

感動体験!熱気球ツアー

このツアーに参加するには、まず朝3:00に起きるというミッションをクリアしなければなりません。。。
 
しかも、カテゴリ5の強烈なサイクロンが立ち去ったばかりで、前日夜の天気もかなりの荒れ模様・・・【年間300日は晴天】といわれるゴールドコーストでまさかのツアー中止!?・・・とテンションが上がりきらないまま就寝。早朝なんとか起床したものの半分寝ながら準備を済ませ、ツアーのワゴン車に乗り込みました。車に揺られること約1時間30分、途中雨がぱらつくこともありましたが、ひとまず広い芝生に到着です。
 
天気が心配でしょうがなかった私達ですが、その後、風と天気を確認したガイドさんの「天気はPretty good!大丈夫だ!」の一言で一気に盛り上がります!気球がどんどん膨らんでいくにつれて、期待もどんどん膨らんで、いよいよ上空へ!
 
大きなバスケットのようなものに乗り込みます。ひとつの気球に20人くらいは乗っていたでしょうか。それでも、ふわふわ~っと軽やかにゆったりと地面を離れていきます。
kikyu_02     kikyu_04
目の前に見えていた緑いっぱいの景色は、高度が上がっていくと精巧なジオラマを見ているように小さくなっていきました。半ば諦めていた太陽の光(朝日)も重なって本当に感動的でした。
kikyu_11
空中での景色を十分楽しんだら、またゆっくりと高度を下げて着陸です。
 
降りてからも、気球ツアーはまだ終わりません!
気球の片付けをツアー参加者も手伝います。これを妨げてくる予想外の敵が!小さな虫の大群!!!もう全身にひっついてきて、大自然を体中で感じました。笑
IMG_3674
一応写真もありますが、このくらいはまだかわいらしい数ですね。実際はもっともっといましたよ!
結局服の中まで侵入されてしまい、むず痒かったなーというのも旅のいい思い出です。

世界遺産・土ボタルツアー

続いて、「世界遺産・土ボタルツアー」です。
 
こちらは夕方に出発して、世界遺産ナチュラルブリッジ国立公園へ向かいます。そこから、夜の亜熱帯雨林を歩きながら土ホタルの生息する洞窟を目指します。公園内は懐中電灯で照らしながら行くのですが、森の自然保護の為に、照らしていいのは足元だけ。植物などを照らしているのが係りの人に見つかると、罰金だそうです!
 
洞窟に着くと、無数の青と白の小さな光が広がっていました!!
まさに満天の星空のようです~!!!
(フラッシュをたけないので撮影できず、この景色をお見せできないのが残念です。。。)
 
ところで、美しい光を放つ土ホタル・・・実はホタルではないんですよ。
 
英語では「Glow Worm」と呼ばれていて、ハエの幼虫だそうです。。
体に特殊な粘膜を張って、それを光らせているその光を私たちは見ていたということになります。では、なぜ光らせているのかと言うと、えさとなる虫をおびき寄せる為だそう!この神秘的な光がホタルに似ていることから「土ホタル」と呼んでいるそうです(それにハエの幼虫なんて言うと誰もツアーに来なくなっちゃうでしょ。笑 by ガイドさん)。しかし、正体を知った後も、「きれいだったから満足だ!」と思える輝きでした。
 
その帰り道、雨が止んで空が晴れたからとガイドさんが路肩に車を止めて下さいました。
降りて空を見上げると、そこには本物の満天の星空ッ★★★
 
プラネタリウムよりもくっきり美しい輝きを放っておりました。
南十字星も、天の川も、オリオン座も!!!
北半球にある日本では南十字星は沖縄でしか見られないんですよね。写真でおみせできないのがとっても残念ですが、ゴールドコーストに行かれたときは是非みてみてください!お薦めです!!
 
ちなみにこのとき、いつもはcoolな先輩がかつて見たことがないというはしゃぎっぷりで、
「うわー、きれい♪」と感激していました。
その隣でツアーガイドさんが一言。「あなたの方が綺麗ですよ^^」と。
ドラマでしか聞けない言葉だと思っていました^^;いろんな意味で貴重な体験になりました。笑
この日は朝も早起きだったおかげで、ぐっすり眠ることができました。

世界遺産とマウントタンボリン観光ツアー

最後は、「世界遺産とマウントタンボリン観光ツアー」です。
 
マウントタンボリンの町と世界遺産のラミントン国立公園を訪れるツアーでした。
 
まず向かったのは「ギャラリーウォーク」。アーティストたちが集まる通りだそうです。
ハンドクラフトの雑貨店、ワイナリー、アンティークショップ、古着屋などが1KMくらいの間に60軒程ならんでいました。それぞれのお店の看板や案内板も特徴的でそれを眺めて歩いても楽しい通りでした♫
eco_08    eco_10
続いて、豊かな自然が広がっていきます。窓から牛や馬が歩るのを見ることできました!
ちょっとしたサファリパーク体験をしている気分★
途中景色のいいところで休憩してラミントン国立公園に到着です。
絶景をバックに集合写真も撮って頂きました!
eco_13  eco_02    eco_11
昼食を食べたあとは、オプションでついていた野鳥のえさやり体験をしました。4人で一つのえさを購入したのですが、これがなかなかのボリュームでした。そして、野鳥のえさに向かう積極性にびっくり!!!一度えさカゴを持つと、こんなに人気者になれます。笑
野鳥さんにえさをあげ終えたあとガイドさんと共に公園の散策。高い木々に囲まれて、程よい光に包まれながらの森林浴はとっても気持ちよかったです。

そしてそして!このツアーの最大のみどころの一つはこの吊り橋です!!!
重量制限があり、一区画に6人しか乗ってはいけないそうです。。
至るところにその注意書きがあり、これが結構揺れました><

eco_04    eco_05
橋の上で撮った写真が物語って?います(…いえ、ないかな…)。
eco_09
ところで、このガイドさんが持ってるもの見えますか?
eco_03
小さくてわからなかったかな・・・?

正解は木耳(キクラゲ)です!

日本では馴染み深い木耳ですが、オーストラリアではなかなか採れない為、高級品だそうですよ。

eco_12

帰り道には、野生のワラビーがお見送りをしてくれました!

どれもオーストラリアの自然がたくさん感じられる素敵なツアーでした♪
が!その中でも「世界遺産とマウントタンボリン観光ツアー」が一番印象的でした。
ゴールドコーストと言えば"海"と考えがちですが、オーストラリアならではの動植物を沢山感じられたのがよかったです^^

1年目ながら、このようなTop Award Tourに参加させて頂き、本当に身に余る光栄なことだと感じています。普段の生活とは全く違ったものを見て、触れて、食べて、楽しむことができました!
沢山のパワーがチャージされたので、またお仕事で放出したいと思います!!!

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2021年5月
« 2月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
採用に関するお問い合わせはこちら