「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティングJapanese | English

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社

技術ブログ

~技術ブログ ~

エンジニア1年生の2人が見たRe:Qの雰囲気は?

こんにちは。エンジニアの宮坂です。

前回のシリーズで就職活動からRe:Qに入社するまでの過程をみなさんにお伝えしました。
そこで今回はRe:Q入社後の研修を経て、新人2人が感じたRe:Qの雰囲気について紹介したいと思います。

 

宮坂:
 無事に4月からRe:Qの一員になったわけだけど、ここまでの研修を振り返ってどんな感じ?

相島:
 1か月の研修が終わった段階だけど、説明会や面接の時に感じた雰囲気そのままで
 すんなり受け入れてもらえたように思うよ。

宮坂:
 変に気負いすぎずに、でも精一杯頑張れてるといった感じだよね。
 基本的にはオフィスでの研修だから、社長や役員の方、お客様先からオフィスに戻ってくる先輩方が
 何かと気にかけてくれたのが嬉しかったね。
 研修の内容は始まる前に予想していたのと比べてどうだった?

相島:
 もう少し座学チックな内容で、一生懸命知識を覚える研修を想像してたんだけど・・・。
 始まってみたら、事前に聞いていた通り、本当に「現場に出て右も左もわからない、という状態をなくす」
 ことを目指した研修だったよね。
 OSなどの環境情報や使うツールについて説明はあるけど、まずは自分の力で
 パラメータシートの通りにやってみましょう。といった感じだったね。

宮坂:
 二人ともIT関連の勉強をしてきてないから、「本当にこれで大丈夫?」とは最初思った(笑)。
 でも、わからなかったらすぐに先輩に聞ける環境にあったのがよかったね。
 トライアンドエラーを繰り返しながら学ぶことで、ただ講義を聞くスタイルよりも
 身に付くスピードが全然早かったと思うよ。

相島:
 先輩方もお客様先と時間のやり繰りの中でオフィスに戻って研修をしてくれているのがわかっていたから、
 自分達も精一杯吸収しようと必死だったよね。
 外部の施設や講師の方が指導する研修のやり方もあると思うけど、実際に現場に出ている方が
 教えてくれたのはこれから現場に出るときにすごく活きるんじゃないかな!

宮坂:
 新人2人に対して誰かしら1人の先輩社員がいる、という環境はとてもよかったよね。
 IT業界の研修はもっと長期間行うことが多いと聞いていたから、1ヶ月では短くないかな?と思ったけど、
 中身のある充実した研修になったね。

相島:
 自分達が初めての新人だから、研修の準備から何までゼロからのスタートで
 先輩方も大変だったんじゃないかと思う。
 これが今後のRe:Qの研修のサンプルになるから、研修する側もされる側も双方のモチベーションが高くて、
 いい研修になったんじゃないかな!

宮坂:
 1か月の研修を経て、ようやくITインフラエンジニアとしての第一歩を踏み出せたって感じかな!?
 まだまだ覚えることばかりだけど、現場に出て仕事をこなしながらエンジニアとして成長していきたいね。

相島:
 研修ではないけど、入社1週間後にあった全体ミーティングと懇親会に参加できたのもよかったよね。
 4月から新しく入った4人(新人2人と中途2人)の自己紹介のプレゼンをする機会があったけど、
 研修でプレゼンテーションの練習をした成果が出せていたと言われてすごく嬉しかった!

宮坂:
 人数が多くないベンチャーだから出来ることかもしれないけど、
 ほぼ全員の社員の方の顔と名前が1日でわかるのは素晴らしい機会だな!って思ったね。
 全体ミーティングでは前期の結果や今後の目標、進行しているプロジェクトなどについて共有があって、
 入ったばかりの新入社員に全てが理解出来るわけないけど、参加して話しを聞くことで
 本当に「Re:Qの社員」として頑張ろうという気持ちになれたね!

相島:
 その後行われた懇親会は、全体ミーティングとは違って砕けた雰囲気の中で皆さんが歓迎してくれたよね。
 仕事の話しだけじゃなくて、趣味や日常生活についても色々聞くことが出来て
 すぐに溶け込めた感じがしたよ。

宮坂:
 先輩方とざっくばらんに話すことが出来て、同じく僕も「Re:Qの一員」になれたと感じたな。

相島:
 全員参加の懇親会の後にお店を変えて二次会があったけど、自由参加にも関わらず
 ほとんど全員が帰ることなくて、予定以上の人が集まってしまうハプニングもあったね(笑)。

宮坂:
 Re:Qの結束を感じた瞬間だったね(笑)。
 自分は先に帰ったけれど、相島君は最後まで残ったと聞いたけどどうだった?

相島:
 結局長引いて終電に乗れない時間になったので、数人の先輩方と会社に泊まることになっちゃいってさ。。
 でもそのとき夜通し先輩方が付き合ってくれて、業界や会社の話しを更にしてもらえたんだ。
 ユニークな先輩が多くて本当に楽しかったな!

宮坂:
 入社後1週間でこういう機会があって、とてもよかったよね。
 これから新しく入ることになる人も、早い段階で全体ミーティングと懇親会に参加出来れば
 すぐにRe:Qに溶け込めると思うな!
 研修も終わっていよいよ現場に入ることになったけど、研修で学んだことを忘れずに頑張ろう!

相島:
 お互い別の現場になるけど、初めての未経験入社の同期として切磋琢磨していこう!

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2021年5月
« 2月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
採用に関するお問い合わせはこちら