「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティング

技術ブログ

~技術ブログ ~

Top Award Tour 2020 ~Bali in Indonesia Part1~

Rahajeng siang!!  Re:Q の T.A です!

いきなりバリ語で失礼いたしました。「Rahajeng siang」は日本語の「こんにちは」にあたる、10~15時位の挨拶言葉です。

2018年中旬に Re:Q へ中途入社し、初めて Top Award Tour に参加してきました!

▽▽▽▽▽▽ Top Performer Award Tour (通称:Top Award Tour)とは ▽▽▽▽▽▽▽

前年度、会社の業績に大きく貢献した社員に贈られる海外研修旅行です。
Top Award Tour は2012年から始まり、「リゾートでのリフレッシュ」をテーマとして
シンガポール・ハワイ・オーストラリア・タイ・ニューカレドニアへ、
2016年から「世界遺産巡り」をテーマとして ベトナム・オーストラリアを巡り、
今年は バリ島 へ行ってきました。
若手でも選ばれることが十分にあるため、選ばれる事を目標の1つとしてみな頑張っています。

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

今回は、3泊5日の旅程だったのですが、
1日目の「Welcome Dinner」と
2日目の「バリ島世界遺産とパワースポット1日観光」
について書いていきます!!

いざ!バリへ向けて出発!! ~初日~

 
1日目は、朝9時に成田空港で待ち合わせをし、成田空港 11時発 → デンパサール空港 17時45分着(現地時間) の約8時間のフライトです。機内食が一食ついていて、日本料理とインドネシア料理を選べたのですが、なぜかびびって日本食を選んでしまいました。(ちょっと後悔してます。。)

現地について最初の感想は、ただひたすらに暑い、、暑い。
なんだか日本の夏と同じようなジメジメする暑さに加えて、日本から真冬の格好でバリ島に来てしまい、約30度の気温では厚着すぎました。

羽田空港とも成田空港とも違う雰囲気に、

「めっちゃ海外だ!!」

と、よくわからないテンションだったことを覚えてます。

「Welcome Dinner」 at タマリンドキッチン&ラウンジ

空港から Welcome Dinner の会場までは、バスで30分程で到着します。
18時過ぎということもあり外は真っ暗でしたが、様々なお店や屋台が並ぶ風景、割れ門という町と町の境にある門を見ながら乗車しているとあっという間に到着しました。

Welcome Dinner では、先に到着していたシンガポールのManaging Directorと合流し、インドネシアと西洋を合わせたメニューを頂きました(ものすごく美味しいお肉料理もあったのですが、お酒も入っており写真も撮らずに完食してしまいました・・・。)

ディナー開始早々、

「なんか雨降ってきてない?」
「これくらいなら大丈夫でしょ!!」

みたいな話をしていたら、バリ島の洗礼を受けたようなスコールが降ってきてしまい、雨しぶきが吹き込み、雨が滴り落ちてきて早々に席を移動するというトラブルもありましたが、フライトで疲れ気味&空腹だった体には最高の味でした!

最高のサービスで名高い5つ★ホテル The Ritz-Carlton, Bali

Welcome Dinner をいただいた後は、そのままホテルへ。
Top Awawrd Tour2020の行き先が発表されて以来、社内でも「一度は泊まってみたい!」「すごい良いホテルらしいよ!」と噂になっていた、リッツカールトンです。

ただ、夜遅くに到着したせいかアマゾンにある迷路のような中を歩くだけで、部屋に到着するまでは誰も感激していなかったですね。。

とはいえ、全室スイートルーム、ある部屋のバスルームはこんな感じです!2枚目の写真は同じ部屋の一角ですが、この写真には写っていないベッドルームが別にあります。我々のテンションが再びあがったのは言うまでもありません。笑

バリ島世界遺産とパワースポット1日観光 ~2日目~

 
2日目は全員で寺院巡りに行ってまいりました。
前日は真っ暗な中ホテルに到着したので、明るいところから見る景色に皆驚き!!

写真ではお伝えしきれないのが非常に残念です!!!!

タマンアユン寺院

1つ目の目的は、世界遺産である「タマンアユン寺院」の見学です。
タマンアユン寺院は、茅葺き屋根が幾層にも重なる寺院(多重層、もしくはメル)で「恋愛の神様」と言われているそうです。

1日目にバス内からも見えた「割れ門」を通過すると、

本殿への入り口が見えてきます。
今回の参加メンバーです!

本殿は正装を纏ったヒンドゥー教徒しか入れないため、ぐるっと塀の外側を歩きます。
それでも中の様子をしっかり眺めることができました。

ブドゥクル市場 ~人生初。ドリアンを食す~

寺院巡りの間に、お土産を購入するため市場へ寄りました。
日本の青果市場みたいな雰囲気だったのですが、マレーシア出身の同僚が

「ドリアン食べましょう!!」

とノリで言ってしまったので、皆仲良くドリアンの餌食に。
切っていただいる最中は別に臭くないのですが、可食部が見えてくるに連れてヤバくない? みたいな雰囲気に・・・。

食べる前はピースで写真に写ってくれるくらいだったのに、いざ切っていたら無言で立ち去る人も・・・(匂いが強烈なんです、ドリアンは)。

ウルン・タヌ・ブラタン寺院

2つ目の目的地は、パワースポットで有名な「ウルン・タヌ・ブラタン寺院」です。

実はこちらの寺院、50,000ルピア紙幣の絵になっているとご存じでしたか?

湖の上にメルが建っており、メルの中に神様が祭られているらしいです。メル自体もパワースポットなのですが、この周りの花も含めてパワースポットとなっているみたいです。

    

Bale UDANG

 
2日目最後のイベントは「BALE UDANG」でのディナーでした。

水上っぽい筏の上で現地料理を沢山いただいたのですが、これがまた辛い。
通常の味付けでも唐辛子や胡椒が聞いている料理ばかりなのに、追加で出されたチリソースは、デスソースを煮詰めたんじゃないという位辛かったです。

別のテーブルからは、
「全然辛くないですよ!」
って言いながら、汗だくで食べている方もおりました。笑

最後に一言。
普段は同じ会社の同僚という関係の人たちと、仕事を一切抜きにして旅行を楽しむという時間はとても新鮮な気分でした!今まで知らなかったようなプライベートな話題からフレッシュな環境で仕事の話をすると意外とポジティブな意見が出てくるという発見もありました。

来年の Top Award Tour には、今年度の新人達も選ばれてくるので、より競争率が高くなります。それでも一緒に切磋琢磨して、一緒に最高の時間を味わえるように仕事に励みたいと思います!!

次回以降は、オプショナルツアーの体験談です! 続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
採用に関するお問い合わせはこちら