「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティング

技術ブログ

~技術ブログ ~

Top Award Tour 2019 ~Cairns in Australia Part2~


こんにちは!Re:Q のM.Nです。

Re:Qに入社2年目でTop Performer Awardに選んで頂き、Top Award Tourに参加してきました。
人生初のオーストラリア ケアンズ(5月下旬)です!

私はそもそも高い所、水の中、チーズやバター嫌いという体質ですが、
今回のツアーで色々と経験しました。笑

Top Award Tourの説明や初日の様子は、K.Mが記載しているのでこちらを参照ください。

私からは2日目のグリーン島、そしてT.J、Y.Kと自由行動で行ったカジノについてお伝えします!

グレート・バリア・リーフ - グリーン島

 
まずはグリーン島ですが、宿泊先ホテル(シャングリ・ラ ホテル ザ・マリーナ ケアンズ!)目の前の港から約1時間の船旅でした。南国ケアンズの気持ち良い風を船のデッキで感じながら、今までハワイや沖縄で経験したシュノケーリングを楽しみにしてました。

そう、このときまでは・・・

到着後、まず驚いたのが、透き通るほど綺麗なグリーン島の海。
私は自分でハワイや沖縄に行ったことがあるんですが、グリーン島の海はさらに透明度が高く、
「グリーン島」という名前にふさわしいエメラルドグリーンの海が広がってましたよ!


 
島到着後、底がガラス張り(グラスボード)に乗り換え、船底から映る魚群を撮ったのがこちら!

 
ガラス越しとはいえ、海の綺麗さや多くの魚がいるのがよくわかりますよね。
ちなみにみんなこんな感じで釘づけでした。

 

その後は自由行動となり、目的のシュノケーリングをするために、レンタル屋に行きました。

ただここで問題発生!!

今までのシュノケーリングでは借りられたビート板を今回借りることが出来なかったんです。
そう、実は泳ぐのが大の苦手なんです。

既にシュノケーリングをし始めていたみんなから、足がつくので大丈夫だと聞いたので少し安心。
(といっても、珊瑚を傷つけないように、水中で立つことは基本的に禁止されていますが。。)

いざ入水すると、水の上から既に魚たちが見えるではありませんか!

 
ゴーグルをはめてシュノケーリングをする必要ないのでは?と思いましたが、
折角なので泳いでみることに。

す、すると・・・・足びれが邪魔をして?前に進まず溺れるような形に...(足がつく場所で!)

そうだ、足がつくんだったと(珊瑚がなさろうなところで)素直に足をつけ、周りを確認。
この姿を誰にも見られなくて良かったと、ほっと一安心。

溺れかけた後は、足がつくところでゆっくりと顔をつけ、ゴーグルを通して眺めることにしました。
今度シュノーケリングをするときは、足がつくところだろうと必ずビート板を借りるぞ、
と強く心に誓ったいい経験となりました。。

カジノついては、後日公開します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
採用に関するお問い合わせはこちら