「システム基盤構築のプロフェッショナル」レック・テクノロジー・コンサルティング

技術ブログ

HOME > A.Y 執筆記事一覧

A.Y 

Modern Cloud Day Tokyo ~Oracle Cloudの行方~

こんにちは。Re:QのA.Yです。

2019年8月6日と7日に開催されたOracle社主宰のイベント「Modern Cloud Day Tokyo」に参加しましたので、今回はその内容を振り返りたいと思います。

-+-+-+-+-+-+-+-+-Modern Cloud Day Tokyoとは-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Oracle Cloudに関する最新の技術情報や事例の紹介、Cloudサービス全体の動向を紹介するセミナーです。一部ハンズオン形式で、実際にOracle Cloudのサービスを触れるセッションも用意されていました。2019年5月にOracle Cloudは東京リージョンを使用開始しており、日本でのシェア拡大を意識した内容となっておりました。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

日本におけるOracle Cloud

日本国内でもクラウドサービスの利用は急速に拡大しており、各種調査結果によると、2018年度までの国内クラウドサービス利用者ランキングでは、AWS、Azure、GCP、IBM、富士通が上位を占めています。Oracle Cloudは、いわゆるNext10と呼ばれる第2集団と位置づけられています。

一方、日本国内におけるDBプロダクトとしては、長期に渡ってOracle Database(以下、Oracle)がトップシェアを誇っており、現在においてもその地位は健在です。

つまり、システムをクラウド化したいというユーザの要望がある反面、既存のDBサーバは依然としてオンプレでOracle、または他社クラウド上でOracleを限定的に(他社IaaS上にOracleを導入してもRACやDGは使えない、など)使っている、という現状が透けて見えます。

もちろん、コストなどの理由により、すでにOracleから脱却し、例えばAWSのAuroraやRedshift、Azure Databaseへ移行に成功した、という事例もないわけではありませんが、やはりDBプロダクトの変更を伴う移行は、各クラウドベンダーの触れ込みほど容易ではないですし、実際に使ってみたら性能面、コスト面で期待した成果が表れなかった、という声も聞きます。

Oracleとしても何年も前からOracle Cloudの開発・普及に力を入れてきましたが、一番のネックは「日本にリージョンがない」だと推察しています。あるいは、日本に限って言えば、誰もファーストペンギンになりたがらない、という事情があるかもしれません。それ以外にも、極端にシビアな性能を求められるシステムの場合、そもそもDBをクラウドに移行することに対する懸念があるのかもしれません。

そうこうしているうちに、ついに今年の5月、Oracle Cloudの東京リージョンが開設され、年内には大阪リージョンも開設されるという話です。Oracle Cloudの東京リージョンは第2世代(Gen2)クラウドと呼ばれ、高性能なサービスが提供されます。そして、Gen2の目玉であり、Oracle反攻の旗手となるのが「Autonomous Database」です。

Autonomous Databaseとは

一部Oracle OpenWorld Asiaの技術ブログの内容と重複しますが、Autonomous Databaseについて改めて説明いたします。

Autonomous(=自律)の名の通り、以下の3つの機能が柱となっています。

●自動運転
  -リアルタイム統計などによる自動チューニング
●自動保護
  -データファイル、バックアップから通信に至るまで全て暗号化
  -セキュリティパッチの自動適用
●自動修復
  -Active Data Guard、Flashback機能などを使用し、不具合発生時に機械学習により解決方法を
   リポジトリから検索し、自動適用

 
Autonomous Databaseのバックエンドには、Oracle Exadata Machineが動いており、データベースに特化した、圧倒的な性能をサービスとして享受することができます。

かなり雑なまとめ方になりますが、シンプルに説明すると

Autonomous Databaseとは、「クラウドで高性能・高可用性なExadataが使えて、
さらに機械学習を用いた運用管理機能により運用コストも削減」

というイメージでしょうか。

ワークロードに応じて、Autonomous Databaseには以下の2つのタイプが用意されております。

●ADW(Autonomous Data Warehouse)
  -分析や集計といった大量のデータを扱う処理向けの列志向データベース
  -データウェアハウス(DWH)、データマート、データレイクなどに利用
●ATP(Autonmouns Transaction Processing)
  -大量のトランザクション処理など、行操作に特化

今回のセミナーのセッションに参加して、他社クラウドサービスが提供しているデータベースと比較して、個人的にはAutonomous Databaseは下記の点が特に優れていると感じました。

●高可用性
  RACやDataguardが使用できる、無停止で最新のパッチが適用される、など。
●極めて優れた性能
  セッションでは、他社の同じ価格帯の列指向DBサービスとADWの性能を比較した結果、6~10倍の性能差が出た、という結果も紹介されておりました。
●親和性
  もちろん、既存のOracle Databaseをそのままクラウド環境に移行することができます。

OCI(Oracle Cloud Infrastracture)のターゲット

いくらAutonomous Databaseが高可用性・高性能とはいえ、既存のオンプレ環境で稼働している基幹システムの本番環境をすぐにOracle Cloudにリフトする、というのは現実的ではない気がします。そこで、Oracleとしても、まずは以下をターゲットにしているというのがセッションの内容から読み解くことができました。

●基幹システムの検証環境
●既存Standard Editionユーザ

1点目の基幹システムの検証環境は、まずは検証環境として利用してもらい、本番環境の移行の実現性を評価してもらう、という道筋ですね。

2点目の既存Standard Editionユーザというのは、既存のStandard Editonライセンスを持ち込む(BYOLする)と、Autonomous Databaseを安価に利用でき、Enterprise Editon相当の機能も使用できるそうです。Oracleとしては、SEライセンスの廃止を見越しているようですが(Oracle RAC 19c では既にStandard Edition は非サポート)、特に日本国内にはSEライセンスユーザが数多く存在しているのも事実です。その受け口としてAutonomous Databaseを利用するというのは理にかなっていると言えますね。

所感

Oracle Cloudが国内での開発・普及に力を入れており、東京リージョンが開設された、という情報は把握していたのですが、今回のイベントに参加して、考えていたよりも早く普及が進みそうだと感じました。それだけの熱量のあるイベントでしたし、スピーカーの方々の「もっと伝えたい」、聴講側の「もっと知りたい」という熱意をひしひしと感じることができました。

個人的には、前述したStandard Editionからの移行、基幹システムの検証環境としての利用、というターゲットを確実に取り込むことができれば、一気にOracle Cloudが認知・利用され、シェアを奪うことができるのではないかと感じています。

一方、OCIとしては、DBサービス以外に他社クラウドサービスより優位な点をあまり見出すことができませんでした。各社のサービスの特色が出始め、ユーザにも認知された結果、一部ではハイブリッドクラウド化、マルチクラウド化が進むのではないかと考えています。

当社Re:Qはこれまで、Oracle Databaseの知識・技術・経験はある種のアイデンティティであると捉え、これまでも数多くのお客様にプロフェッショナル・サービスとして提供して参りました。今後もお客様により良いシステムを提供するために、最新のトレンドをすばやくキャッチアップし、今必要とされる技術を身に付ける必要があると切に感じております。

また、このようなイベントやセミナーで得た情報や知識は、今後もブログという場で発信していきたいと考えております。長文となりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

Capability Tour 2019 ~ Singapore Part1 ~

こんにちは。レック・テクノロジー・コンサルティングのA.Yです。

2019年3月25日から27日にかけて、第2回目のCapability Tourに参加いたしましたので、その様子をお伝えいたします。

2016年に実施された第1回目のCapability Tourの様子はこちらからご確認ください。

以下、Capability Tourについて第1回目からの引用です。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽ Capability Tourとは ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

Capability Tourとは、IT業界をリードしている、あるいは近い将来するであろう企業を
訪問し、最新技術や、様々な取組みについて見識を広めるためのツアーです。
Top Performer Award Tourよりも少数精鋭で、特に将来に期待の高いメンバーがノミ
ネーションされるようです。

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

前回のツアーは米国シリコンバレーでしたが、第2回目となる今回はアジア経済の中心地、シンガポールへと行って参りました。

今回の参加者は私を含めた中堅社員2名、昨年度入社の若手社員2名です。少し余談ですが、弊社では若手でも目覚しい活躍をした社員にはこのような形で海外研修に参加する機会を与えており、彼等のモチベーションにも繋がっていると感じます。

ツアーの日程は以下の通りです。

3/24 出国
3/25 弊社現地法人訪問
3/26 Oracle OpenWorld Asia: Singapore 2019 Day1
3/27 Oracle OpenWorld Asia: Singapore 2019 Day2
3/28 帰国

ご覧の通り、今回のツアーのメインとなるのは、Oracle OpenWorld Asiaへの参加です。

Oracle OpenWorldはOracle社がサンフランシスコにて毎年開催しているカンファレンスとして有名ですが、今年からAsia(シンガポール)、Middle East(ドバイ)、Europe(ロンドン)の3つの地域でも開催されることになりました。

日本でよく開催されているような無料で誰でも参加できるようなカンファレンスでなく、数十万円(!)の参加費がかかります。その分Oracle社の今後の開発方針についてのセッションや、より技術的に高度な内容のセッションに参加できるのが特徴です。

Oracle OpenWorld Asia版では本国で開催されるカンファレンスと比べて日程は2日間と少し短縮されておりますが、200以上のセッションが用意されており、日本ではなかなか見られない規模のカンファレンスとなっておりました。

それでは、今回のシンガポールツアーの様子をお伝えさせていただきます!
 

1日目

 
まずは弊社が2015年に設立したシンガポールの現地法人を訪問しました。シンガポールのロビンソンストリートという、メガバンクが林立しているビジネス街の一角にオフィスがあります。

様々な人種、国籍のビジネスマンが颯爽と行き交う姿を見ていると、ついついNYのウォールストリートを思い出してしまいました。(行ったことないですが。。)

あいにく弊社のシンガポールメンバーは業務都合でオフィスを出払っており、午前中は代表とのミーティング、午後はOracle社シンガポール法人の営業の方と今後の両社の展望や協業に向けての有意義な話し合いの機会を持つことができました。ディナーは現地社員も合流し、シンガポール名物(?)のチリクラブを堪能しました。

チリソースで味付けされた巨大な蟹を、手で豪快に貪るスタイルで食したのですが、食べ終わった後には口と指がチリソースまみれになり、みんなでお互いの顔を見合わせて笑い合うという、とてもほっこりする時間を過ごすことができました。もちろん味も大満足!

 

2日目

 
2日目は、今回のメインイベントであるOracle OpenWorldに、弊社シンガポールメンバーと共に参加しました。場所は、シンガポールのランドマーク、マリーナベイサンズの麓のコンベンションセンターです。

キーノート用のホールから小規模なホールまで、大小様々な会場にて非常に多くのセッションが開催されておりました。私たちも早朝に起床し、朝から精力的にセッションに参加しました。今回はCapability Tour全体の様子をお伝えすることが目的なので、個別のセッションについては割愛いたしますが、後日セッションの内容についても一部ご紹介させて頂く予定です。

この日はカンファレンスの後に少しだけ観光の時間が取れましたので、みんなでマリーナベイサンズの頂上まで登りましたが、最高の景色でした!


 

3日目

 
早くも最終日ですが、引き続き朝から数多くのセッションに参加しました。

最新の技術情報、Oracle社の展望、今後のDBエンジニアに求められるスキルなど、個人的にも非常に興味深い内容の講義が多く、慣れない英語のセッションを死に物狂いで聞き入りました。3日目の個別のセッションについても、後日掲載予定ですので楽しみにしていてください。

さて、3日目が終わり、最終日のディナーは初日に参加できなかった弊社シンガポール法人のメンバー達と、現地のローカルフードを食べに行きました。

マレーシアスタイルのバクテーという豚肉料理をお腹いっぱい食べ、今回のツアーは終了です。

以上が今回のツアーの概要となります。

最後に私の個人的な感想となりますが、私はRe:Qに入社以来、Top Award Tourには参加させていただいた経験はあるものの、Capability Tourを含め、ビジネス目的の渡航は初めての経験でした。Oracle OpenWorldに参加し、自分自身のエンジニアリング能力向上の必要性を改めて実感することができましたし、またシンガポールという都市全体の活気に触れ、いちビジネスマンとしてさらにグローバルに見識を拡げる必要があると感じることができました。

このような機会を与えてくだったことに感謝するとともに、今回のツアーで受けた刺激を日々の業務のモチベーションに繋げ、会社と共に成長していこうと気持ちを新たにすることができました。

Part2をお楽しみに!

資料請求・お問い合わせはこちら

▲ ページトップに戻る

技術ブログ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
採用に関するお問い合わせはこちら